【4年】夏休みの過ごし方。夏期講習だ!!(7月22日より)




2020年7月中旬。どうにかこうにか、四谷大塚の通信コース「進学くらぶ」の授業映像(予習ナビや復習ナビ)を見ながら、予習シリーズ4年上巻4教科のカリキュラム(半年間)を終えました。

4年の上巻1冊終えただけで、ものすごい達成感がじわじわと込み上げてきました。がんばったなぁー。息子も私も。

4年前半を振り返って

小4息子は、はじめの頃(3年2月)は週テストのたびに泣いたり、ギャーギャーわめいたり。試験の途中で休憩を入れたり、2日間に日程をわけるなどしながら、なんとか週テストを続けることができました。

予習シリーズの学習進度に付いていけるかどうか心配でしたが、親の判断で算数の応用問題と国語(予習)はやらないという「取捨選択」をして、(1)算数は基本問題だけやる、(2)国語は週テストの解説動画(復習ナビ)を聴いて復習する(3)理科・社会は授業動画だけ見る(問題は解かない)、というスタイルでかろうじて付いていくことができました。

結果として、コロナの影響で組み分けが行われず、ずっとBコース1組のままでしたが、最後にはSコースに進級するまでになりました(その後、Cコース落ち)。

後期はCコースをキープできるようにコツコツがんばりたいと思います。

夏期講習に突入

学校は8月1日から8月23日まで夏休みですが、四谷大塚の通信コース(進学くらぶ)の夏期講習は7月22日から配信開始となりました。

学校が休みに入っていないのに、塾の夏期講習は始まっていてまともにやろうとしたらかなりハードです。

そこで、わが家では、普段の朝プリント(計算・漢字)を夏期講習のテキストの内容に置き換えて、ちょっとずつ取り組むことにしました。学校から帰宅後は、学期末ということもあって学校の宿題が多く、塾の勉強までやらせる余裕がありません(睡眠時間、余暇の時間は確保したいので・・・)。

夏休みの過ごし方

7月の4連休など土日祝日は3教科、3時間勉強を目標に過ごします。学校のある平日は、学校の宿題もあるので、1時間勉強できればいいほうかなぁ。。と思っていたらけれど、学校の宿題が多くて取り組めませんでした。夏期講習(通信コース)は8月に入ったら本格的に取り組みます。

  • 算数
  • 国語
  • 理科または社会

+英語(アルファベット書く練習、スマイルゼミの英語プレミアム)

夏期講習の前半は予習シリーズ上巻でやった内容の復習が中心なので、やるほうも教える方もラクかなぁ、と思っていたけれど、いざやってみると小4息子はすっかり忘れている単元が多く(というかほとんど忘れているので)、復習って大事だな~、と改めて思った次第。

夏期講習のテキスト:算数の内容&取り組んだこと(前半)

  • 計算といろいろな文章題
  • 平面図形
  • 小数といろいろな単位(小数のかけ算、わり算)
  • きまりを見つけて解く問題(植木算、周期算、等差数列、方陣算)

小数のかけ算・わり算、約数など、これまた定着に時間がかかりそうな単元も出てきますね。

夏期講習のテスト

夏期講習期間中、2回の判定テスト付きです。スケジュールがタイトなので(公開組み分けテストと同じ週なので)、1つはスキップするかも。

息抜きも大事

というわけで、夏休み用に漫画を大人買いしました♪

小学2年生男児もハマる!子供に読ませたい大人漫画オススメ3選