3年3学期(1月)に自宅学習で使っている教材。




長男(3年生)3学期に突入しました。

今回は、小3息子が3学期に取り組んでいる教材をまとめてご紹介します。

算数の教材

ジュニア予習シリーズ 計算と一行問題集 3年下

2ケタ、3ケタのかけ算・わり算、小数・分数のたし算、ひき算、単位の変換など、毎朝1ページずつやっています。絶版になっているようですが、メルカリで購入。このテキストをやっておけば、新4年生からの予習シリーズ(計算)もスムーズに移行できそうです。

サイパー『素因数パズル』

算数はキラ~イ!と普段言っている小3息子ですが、この素因数パズルは楽しくやっています。

サイパー『和差算・分配算』

線分図を使った問題を間をあけてやってみましたが、案の上、息子は忘れている・・・。繰り返しやらないとダメですね。

サイパー『角度の基礎』

単純な計算や文章題ばかりやっていると、子どもから「算数キライ!」という言葉が飛び出してくるので、息抜きコンテンツ(?)を求めてサイパー『角度の基礎』を購入。立体図形が得意な小3息子は、「角度」の単元は比較的楽しんで取り組んでいます。

サイパー『点描写2』

レゴが大好きな息子は、立体図形問題は比較的得意。本人にとっては、点描写は勉強の息抜きになっているようです。

サイパー『逆算の特訓 上』

予習シリーズの新4年生準備講座テキストに「逆算」の単元が出てきましたが、息子は理解が追いつかず、「わからない!」と投げやり状態。私もうまく教えられず、急きょサイパーの逆算の特訓を購入しました。なるほどなー、線分図を使って教えるとわかりやすいんだな、と感心してしまいました。つまづいたときは、サイパー!で、この単元もクリアしたいと思います。

国語の教材

『漢字とことば』4年生(四谷大塚)

先取りで、4年生の漢字を四谷大塚の教材(メルカリで購入)を使って3年2学期から学習中です。関連する熟語やその意味まで載っているので、辞書要らずで便利です。これをやっておけば、だいぶ語彙力も身につきそうです(1月7日時点で、半分終わりました)。

新演習4年上 国語

新演習は塾教材の一つですが、予習シリーズと比べて難易度は気持ち低めで、基本解説も詳しく、親が教える際にも役立つので、通塾せずに自宅学習をしているわが家にとっては、とても取り組みやすい教材で気に入っています。

読解の基礎(啓明舎)

子どもに馴染みのあるストーリーなどを通じて、「国語っておもしろい!」というのを感じてほしくて、三国志や魔女の宅急便など子どもが興味ありそうなページだけかいつまんで取り組んでいます。

英語の教材

スマイルゼミ

スマイルゼミの英語プレミアムコースを受講中で、週に2~3個程度ゆるーくやっています。

理科

サバイバルシリーズやドラえもんの学習まんがを購入して読ませています。

スタディサプリ 4年 理科 応用

隙間時間に理科の動画を視聴中。

社会(地理・歴史・公民)

地理カード(SAPIX)を使って、遊びながら地理の勉強。

  • 月刊誌『ニュースがわかる』がわかるを定期購読
  • クレヨンしんちゃんの学習まんが
  • ねこねこ日本史
  • 好きなテレビ番組:『地球ドラマチック』や、古代ローマ・ピラミッドの謎などの特集番組
  • 年末特番「戦国武将総選挙」を見て、戦国武将への関心が高まったところで、次の本を購入。

そのほか

ゲームで運動

いま小3息子が一番熱心に取り組んでいるのはコレです。リングフィットアドベンチャー。ゲームをしながら、身体を鍛えるニンテンドーswitchのフィットネス系ソフトです。このゲームをやりたいがために勉強しています。

最後にひとこと

2月(新4年生)からは、いよいよ中学受験勉強を開始します。具体的には、四谷大塚の通信教育「進学くらぶ」を受講します。それにむけて、予習シリーズ4年の予習と位置づけて、1月は計算、漢字など進められることは先にやっておこうと思います。