【中2・7月】月例テスト(スタンダードテスト)にむけて




中学スタンダードテスト(中2)

中2息子が通っている集団塾では、学習到達度を測るための月例テストとして「中学スタンダードテスト(旧学力診断テスト)」が採用されています。大手塾の早稲田アカデミーのRクラスなどでも、この業者テスト(教育開発出版)が採用されているようです。

テストの出題範囲(中2・7月)

各回のテスト範囲はテスト業者のサイトに掲載されています。
https://www.kyo-kai.co.jp/test/curriculum/index.html

2024年7月の出題範囲を見てみると、

数学の出題範囲(7月)
1年の復習
式の計算
連立方程式

英語の出題範囲(7月)
リスニング
be going to ~, will
接続詞 that

国語の出題範囲(7月)
文学的文章
説明的文章
活用のない自立語
熟語の組み立て

となっています。

7月のスタンダードテストにむけて

英語と国語の文法は復習を促そうかと思います。
be going to ~, will
接続詞 that
活用のない自立語
熟語の組み立て

※理科・社会は塾の授業を受講していないので、月例テストも理社は受けていません。

中2スタンダードテスト(7月)の目標

目標は3科目280点。

結果は、通常3週間前後に返却されますが、夏休み中はもっと遅くなる予感。返却あり次第、以下追記します。

中学スタンダードテストの結果

3科偏差値 2024年

7月
6月 約65
5月 約65
4月 約65

志望校判定の結果(6月)

早慶附属 可能圏(60%〜80%)
早慶附属 可能圏(60%〜80%)
MARCH附属 可能圏(60%〜80%)
都立高校 可能圏(60%〜80%)

(参考)受験者数・平均点データ(6月)

英語 61.5点
数学 65.9点
国語 69.4点
3教科 196.8点

受験者数   人(前回19150人)

これまでのテストの結果、受験者数・平均点データ