【中1・2月】英検準2級 二次試験・スピーキング対策。




中1息子が前回10月に受けた英検準2級(S-CBT)、二次試験(スピーキング)が不合格だったので、4月にリベンジ受検をします。

二次試験が不合格になった原因

  • スピーキングの練習不足
  • 合格になるコツ・ポイントをおさえていなかった
  • オンライン英会話のレッスン(25分×5回)を受けさせただけで満足してしまった(英検3級受検のときはこれでうまくいったけど、準2級では復習が足りずダメでした)
  • S-CBTの形式(マイクにむかって話す状況、周りの人も話している環境)に慣れていない

などが挙げられます。

改善できそうなポイント

  • アティチュード(態度)で満点(3点)目指す
  • No.4は理由を2つ述べる
  • 声をハッキリ大きく(変声期でやや聞き取りづらい声なので)
  • SCBTの場合、制限時間内に話さないと切られてしまうことに注意

といった点を息子と共有しました。

次回は確実に合格してほしいので、市販の面接対策本を購入。今回は、オンライン英会話レッスンには課金せず(休会中)、対策本のアプリ音源を聞いて、繰り返し音読し、スピーキングの練習をしてもらいます。

『英検準2級 二次試験・面接 完全予想問題 改訂版』


10日でできる! 英検準2級 二次試験・面接 完全予想問題 改訂版 (旺文社英検書)

『英検準2級 二次試験・面接対策 予想問題集』


7日間完成 英検準2級二次試験・面接対策予想問題集(学研)2023年9月発売の新しめの本も念のため購入。

以上、2冊合わせて、予想問題17回分あるので、2ヶ月間で3周を目安に反復練習できるようにスケジュールを組みました。

これだけ練習すれば、次こそ合格できそうな気がします。でも、当日のお題次第、、、かな(弱気)。

文で覚える単熟語 英検準2級

10のテーマ✕8つずつ=80の文章、約1300の見出し語が掲載されています。半分ほどやり残しがあるので、スピーキングの練習と並行して、取り組みます。

【中1】英検準2級受検にむけてやったこと(10月時点)。